2013年11月5日 12:00|ウーマンエキサイト

お金や過去のことに執着し、前に進めないときは、失敗してもいいから第一歩を【心屋仁之助 塾】

メディアで話題の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える「凍えたココロがほっこり温まる、心屋仁之助 塾」。今回は、「お金や過去のことに執着し、いつまでたっても前に進めない」という、yappiさん(39歳)のお悩みに心屋塾上級認定講師のこうさかあきこさんがアドバイスしてくれました。

お金や過去のことに執着し、前に進めないときは、失敗してもいいから第一歩を【心屋仁之助 塾】
■yappiさん(27歳 会社員)のお悩みお金や過去のことに執着し、いつまでたっても前に進めない。

■心屋塾上級認定講師のこうさかあきこさんより何か新しいことをやってみたい。挑戦してみたい。そんな時に、人はいろいろなことを思います。「やりたいけど、失敗したくない」、「やりたいけど、損したくない」、「やったことがないから怖くて試せない」と。

そして、だんだん頭の中で考えすぎて、損得思考になってしまいがちです。「やったほうがいいのかも」、「やらないほうがいいのかも」、「やったほうが自分のためになるのかも」、「やったところで何にもならないのかも」そんなふうに思考が行き詰まってくると、ますます前にも後ろにも進めなくなってしまいます。

そんな時は、大きく深呼吸して自分自身にこう訊ねてみてください。「どっちがいいとか、悪いとかではなくて、どっちをやりたい? 私はなにをしたい?」そう問いかけて、出てきた答えをやるのが一番です。

それでもやっぱり自分の中で不安が湧いてくると思います。「過去の経験上、うまくいったことがないから、次もうまくいかないに違いない」、「やってうまくいかなかったら、挑戦するのにかかった費用がもったいない」、「やってみて何も得られなかったら? なんのためにそれをするのか自分でもよくわからない」あなたの「過去の経験上」うまくいかなかったのは何回ですか?

多くても3回くらいではないでしょうか? それを成功するまでやってみたらいいのです。失敗してもいい。かっこわるくてもいい。みじめでもいい。それでもやりたい。その気持ちを持ってやり続けてみてください。


新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.