2014年9月21日 07:00|ウーマンエキサイト

子供の二人目はいつのタイミング? 上の子との年齢差のメリットデメリットも

子どもの2人目を考えはじめたとき、やはり気になるのが「タイミング」。何歳差がベスト? 歳が近いほうがよいの? それとも少し離れたほうがいいの? 気になることがたくさんあるのではないでしょうか。今回は、第1子・第2子の年齢差ごとにメリットとデメリットを整理して考えてみましょう。
子ども2人目妊娠・出産は、いつがベスト? 上の子との年齢差によるメリット・デメリット
■先輩ママに聞いた!「2人目を考えたタイミング」・1人目を産んでわりとすぐ、もうひとり欲しい! と思ったけれど、年子は大変なので2歳差で計画(2歳差ママ)
・パパが協力的ですぐ欲しがったから(2歳差ママ)
・仕事復帰し、2年ぐらい働いてから(2歳差ママ)
・私の年齢を考えて早めに!(1歳差ママ)
・周りのママ友が2人目妊娠ラッシュ。ちょっとは影響を受けたけれど、すぐにはできなくて、結果3歳差に(3歳差ママ)
・小さい子を可愛がっている姿を見て、「兄弟をつくってあげたいな」と思ったので(3歳差ママ)
・ひとりでいいかな、と思っていたら「なんでうちには弟(なぜか限定)がいないの? どこで買えるの?」という息子からの一言で決意(4歳差ママ)

続いて、第1子と第2子の年齢差ごとのメリットとデメリットを見ていきましょう。2歳差/3歳差/4歳差という、3つの年齢差パターンの事例をご紹介します。

■2歳差のメリット・デメリット<メリット>
・歳が近いので比較的すぐに一緒に遊ぶことができる
・子育ての大変な時期が一気に終わる
・洋服やベビーグッズをそのまま着回し、使い回すことができる
・保育園に預ける場合、下の子の保育料が減額になる期間が長い
・上の子の卒園と下の子の入園が重なる場合があり、セレモニー服が一着で済む

<デメリット>
・上の子のトイレトレーニングが完了してない場合が多いので、オムツが2人分必要になり、替えるのも買うのも大変
・上の子が2歳児イヤイヤ期などと重なり、赤ちゃん返りする場合が多い
・年齢差が少ないのでけんかが多い
・ワーキングママは復帰後すぐにまた妊娠で、気まずい場合あり

新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.