くらし情報『これで落ちる人が多数!? NG行動から見る「面接突破」のコツ』

2015年3月19日 12:00

これで落ちる人が多数!? NG行動から見る「面接突破」のコツ

30~40%…。これは一次面接の通過率だ。女性に人気の事務職や、募集枠の少ない求人の場合、この数字はもっと下がる。

これで落ちる人が多数!? NG行動から見る「面接突破」のコツ
「面接通過率を上げるための第一歩は、面接官の知りたいことに答えること。自分の話したいことを話すのではなく、相手がこの質問で何を知りたいのか、真意を理解することがポイントです」

こう話すのは、3月3日に開催された『女の転職@type』主催の『転職活動初心者のためのはじめての「面接」対策セミナー』で講師を務めた『typeの人材紹介』キャリアアドバイザーの星野莉奈さん。ここではセミナーを通じて見えてきた、面接を通過できない人がやってしまいがちなNG行動を紹介する。

■NG1. 職務経歴の説明を1分で簡潔にまとめる会場では隣の人とペアになって、面接を想定した職務経歴を話すワークが行われた。制限時間は3分。ところが、2分が経過する前に多くの人が話すことがなくなるという事態に。

「時間が余ってしまった方が多いように見受けられましたが、2~3分が適正。1分程度だとアピール不足の可能性が高く、面接官に採用に価するかどうかの判断材料を伝え切れてないおそれがあります。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.