2015年10月3日 13:00|ウーマンエキサイト

初対面でもこまらない会話ネタって? ひとりで参列する結婚式で楽しく過ごすコツ

かとうともみ
ライター
かとうともみ
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

■初対面でもこまらない会話ネタ

同じテーブルの人がみんな知らない人ばかりだったとしても、披露宴の間ずっと黙って料理を食べているだけではつまらないですよね。

お祝い気分を盛り上げるためにも、隣の席の人などに気軽に話しかけてみては。

結婚式に参列している人は、お互い知り合いでなくても、当然全員が新郎または新婦のことを知っています。共通の話題である新婦(または新郎)のことを話すと、会話をスムーズに進めることができますよ。

まずは「●●さんとは大学時代の友人なんです」など、自分と新郎新婦の関係を伝え、相手にも質問をしてみてください。

お互い知らなかった新郎新婦の学生時代のエピソードや、職場での仕事ぶりなどを話したり聞いたりすれば、きっと盛り上がるはず。

できれば当日までに、新郎新婦に同じテーブルになる人たちの情報を教えてもらっておくとベター。隣の席の人が新郎新婦とどんな関係なのか知っておけば、当日の会話のきっかけもつかみやすくなります。

そのほかにも、会場の雰囲気やお料理のこと、披露宴で行われる余興についてなども会話のネタとしておすすめです。

■披露宴の受付を引き受ける

それでも不安を感じたら、披露宴の受付を引き受けるのもひとつの方法です。

披露宴では会場に入る前に必ず受付をするので、多くの参列者とあいさつを交わすことになります。開宴してからもそれをきっかけに同じテーブルの人と会話が弾むことがあるかも。

また、受付を引き受ければ、披露宴が始まるまで座って待つ時間を手持無沙汰に感じることもありません。

一般的に受付は、新郎側と新婦側でそれぞれ2名ずつで行うので、もうひとりの受付の係りの人と仲良くなれるかもしれませんよ。

ひとりで参列するのは不安な結婚式や披露宴も、意外と時間は短いもの。スピーチや余興、お料理などもあるので、知り合いがいなくて心細い時間は、実はそれほど長くないのです。

お祝いの気持ちで参列するせっかくの結婚式、たとえ知り合いがいなくても楽しいひとときにしてくださいね。

かとうともみ
かとうともみの更新通知を受けよう!
確認中
かとうともみ
かとうともみの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
かとうともみ
かとうともみの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
かとうともみ
かとうともみをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
かとうともみ
かとうともみの更新通知が届きます!
フォロー中
かとうともみ
かとうともみの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.