2016年2月16日 19:00|ウーマンエキサイト

街中がアート! マレーシア世界遺産の島で景色を楽しむ

マレーシア・ペナン島の旧市街ジョージタウンは、ストリートアートの街として注目を浴びています。

目次

・世界遺産の街をいろどるユニークな壁画
・まるで路上の漫画!? トリビア満載のアイアンワーク
・街歩きの休憩もアート感覚あふれるおしゃれカフェへ


マレーシア・ペナン島

(c)weiteong - Fotolia.com



古びた路地に描かれたポップな壁画やアイアンワークは、観光客にとって絶好のフォトスポット。

街中がアート! マレーシア世界遺産の島で景色を楽しむ

また、アートな雰囲気のおしゃれカフェも人気です。街歩きが楽しいジョージタウンの魅力を紹介します。

街中がアート! マレーシア世界遺産の島で景色を楽しむ

■世界遺産の街をいろどるユニークな壁画

大航海時代から200年近くにわたってイギリス領だったマレーシア・ペナン島。西洋風のコロニアル建築が数多く残されている旧市街ジョージタウンは、ユネスコ世界遺産に登録されています。

街なかの古びた路地を歩いていると、思わず目がクギづけになってしまうのが現代的な壁画です。

よーく見ると本物の自転車やブランコがはめ込まれていたりと、とってもユニーク!

壁画に描かれているのは、子どもや老人、動物など。どこか懐かしく、思わず笑みがこぼれてしまうものばかり。

観光客も足をとめて壁画をバックに自撮りをしたり、自分も壁画の人物になったかのようなおもしろフォトを撮る人も。こうした自由さこそ、街角アートの魅力ですね。

街中がアート! マレーシア世界遺産の島で景色を楽しむ

街中がアート! マレーシア世界遺産の島で景色を楽しむ

■まるで路上の漫画!? トリビア満載のアイアンワーク

ジョージタウンの街をおもしろくしているのは壁画だけではありません。まるで線画のようにみえる鉄製のアイアンワークがいたるところでみられます。

その数は52カ所にもおよんでいて、どれも街の人々の風習や通りの由来などがひとコマ漫画風に描かれています。

街中がアート! マレーシア世界遺産の島で景色を楽しむ

街中がアート! マレーシア世界遺産の島で景色を楽しむ

それぞれの説明書きには、ちょっとしたトリビアが込められています。

たとえば、「この通りは、英国領時代のメイン通りのひとつですが、今はバックパッカーたちのメイン通りです」「この場所で、靴デザイナーのジミー・チューが靴職人の丁稚見習いをはじめました」などなど。

街中がアート! マレーシア世界遺産の島で景色を楽しむ

世界のファッション界で活躍するジミー・チュウ氏は、ここジョージタウンの出身だったんですね。

こうしたユーモアたっぷりのトリビアとおちゃめな絵のタッチに、つい顔がほころんでしまいます。
本田 らじゃこ
本田 らじゃこの更新通知を受けよう!
確認中
本田 らじゃこ
本田 らじゃこの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
本田 らじゃこ
本田 らじゃこの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
本田 らじゃこ
本田 らじゃこをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
本田 らじゃこ
本田 らじゃこの更新通知が届きます!
フォロー中
本田 らじゃこ
本田 らじゃこの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.