2016年3月31日 08:15|ウーマンエキサイト

子どもに豊かな感性を育てたい! 美術館の子ども向けプログラム

目次

・子どものための芸術プログラムってどんなもの?
・国立西洋美術館「どようびじゅつ」
・東京都美術館「とびらボード」
・東京都現代美術館「ギャラリークルーズ」
・サントリー美術館「エデュケーションプログラム」
・横浜美術館「子どものアトリエ」
・名古屋市美術館「びじゅつ びっくり たまてばこ」
美術館賞をする母と子

© JackF - Fotolia.com


子どもには勉学の知識だけでなく、深い人間性や感受性も身につけて、心の豊かな人になってもらいたい。そう願う人も少なくないでしょう。そんな心の豊かさを育むための良い刺激となるのが、芸術です。

「芸術なんて子どもには難しすぎるのでは?」と思われるかもしれませんが、ヨーロッパではどの国でも、子ども向けの芸術プログラムがたくさん準備されています。そして、最近では日本の美術館も、子どものためのプログラムに力を入れているところが多くなってきました。

子どものための芸術プログラムってどんなもの?

ただ鑑賞するだけではわかりにくい美術や芸術。特に、まだ知識の育っていない子どもにとって、「これは素晴らしい絵でしょう」と言われても、首を傾げることのほうが多いはず。

けれども、プログラムやワークショップを通じて芸術に親しめば、親近感が沸き、より理解が深まります。加えて初対面の人と繋がったり、アーティストとコミュニケーションをとれたりするのも、子ども向けプログラムならではのいいところです。
都内近郊を中心に、子ども向けプログラムのある美術館をいくつかピックアップしてみました。

国立西洋美術館「どようびじゅつ」

対象:6才~9才の子どもと同伴の大人 (子どものみの参加は不可)

西洋美術館に常設されている絵や彫刻を、子どもたちみんなで学芸員の解説などを聞きながら楽しみ、その後それをモチーフにしたバッグや紙細工や絵など、自分でも創作を楽しみます。

ファミリープログラム|国立西洋美術館


新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.