2017年10月15日 22:00|ウーマンエキサイト

もしかして浮気? 「なんか怪しい…」と感じた時、どうするのが正解?

佐藤栄子
専門家 (心理カウンセラー)
佐藤栄子
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

目次

・あなたの夫は謝罪タイプ? 逆ギレタイプ?
・“正しいこと”が必ずしも正解ではないのが夫婦関係
・裏切りの証拠集めをするのは、離婚の覚悟ができてから
・一番効果的なのは「知らないフリして、さりげなく釘を刺す」一言
夫、浮気、心理カウンセラー

©milatas- stock.adobe.com


心理カウンセリングの中で、男女関係なく以前から多く相談を受けるのが、家庭問題や浮気・不倫について。例年に比べ、今年は特に多くなった印象を受けます。

それぞれの立場や状況が本当にさまざまなので一括りにはできませんが、「最近、なんだか夫の様子が変?」と思い始める初期段階で、妻である相談者がどう対応するかにより、その後の結果やこじれ方を大きく左右するように感じます。

もちろん、そんな悩みや問題を抱えないことが一番ですが、もし今、あなたが上記のような初期段階にあるならば、心理カウンセラーの立場から、次のアドバイスを提案します。

■あなたの夫は謝罪タイプ? 逆ギレタイプ?

多くの女性相談者から相談を受けるなかで、程度の差こそあれ「夫に関する妻のカンは十中八九当たる」と感じる場面にたびたび遭遇します。

しかし、その妻センサーが働いた時、夫のスマホをのぞき見したり、メールチェックをして浮気の証拠をつかんだとしましょう。それを、後先考えず感情のまま、直球で夫に突きつけたらどうなるでしょうか。

夫の性格にもよりますが、だいたいは「否定して苦しい言い訳のあと、認めて謝罪」か「勝手にスマホを見たことを責めて逆ギレ」のどちらかにわかれます。

ここで一番の問題は、夫がどんな反応をしようと、あなたが平静な気持ちをキープできるかどうかということ。どうしても気持ちにしこりが残り、お互いがこれまで通りに接するのは難しくなるでしょう。それが、問題をさらにこじらせてしまう原因なのです。

■“正しいこと”が必ずしも正解ではないのが夫婦関係

もし、あなたのカンが当たっていたとしても、妻に隠していたということは、(その時点では)夫に家庭を捨てる気はないケースがほとんどです。だからといって、浮気や不倫をしてもいい理由にはなりません。あなたが責めたくなるのも仕方ありません。

一方、夫の視点にも立ってみましょう。「これぐらいで、妻がそんなに怒ると思わなかった」「悪気はなかった」という夫婦間の「浮気に対する認識の違い」という場合もあります。

また、一旦は反省しても「自分が悪いのはわかっているけど、これで一生責められて、信用されずに疑われ続けるのはしんどいなあ…」「どこまで謝ったら許してくれるんだろう。毎日針のムシロか…」と感じて、浮気発覚後に妻への気持ちが急速に冷めてしまうケースもよくあります。

「向こうが悪いことをしてるのに、なんでこちらが相手に気をつかわなくちゃいけないの!」と言いたくなる気持ちもわかります。しかし、夫婦間では、必ずしも正しいことが正解にはならないことがあります。

一般的に「悪いことをしたら責められる」は正しいことですが、円満な夫婦関係を今後も持続することを目的としている場合は、正しいことを言い続けることは決して効果的ではない場面もあるとカウンセリングではお伝えしています。
佐藤栄子
佐藤栄子の更新通知を受けよう!
確認中
佐藤栄子
佐藤栄子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
佐藤栄子
佐藤栄子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
佐藤栄子
佐藤栄子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
佐藤栄子
佐藤栄子の更新通知が届きます!
フォロー中
佐藤栄子
佐藤栄子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.