2018年3月27日 07:00|ウーマンエキサイト

失業で存在を否定された気分に どうすれば幸せを感じられる?【心屋仁之助 塾】

坂崎ひでこ
ライター (心屋認定講師 カウンセラー)
坂崎ひでこ
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。


文面から察するに、アラカンさんはとても丁寧で、相手を思いやり、今まできちんと生きてきてこられた方なのでしょう。怒ったり、不機嫌になったり、そんな態度は人前で見せないように努力してこられたのでしょう。

そのことに、ご自身でも気づいていらっしゃる。「今日まで我慢ばかりしてきたように思います」と。

それなら、我慢を減らせばいいのですよね。嫌がる。拒否してみる。そのような言葉を口にしてみる…等々。

でも、いきなり我慢をやめろと言われても、どうすればいいのか、分からないかもしれません。

私も最初は、「我慢をやめるって何?」と思いました。仕事なのに、わがままを言っていいのか? 我慢をやめるって、人としてどうなのか? と。誰かに迷惑をかけるのではないか。嫌われるのではないか、怒られるのではないか…。そんなことが気になって気になって、怖かったです。

アラカンさん、「私はもっと怒ってもいいのかもしれない」「私は嫌だと言ってもいいらしい」と思ってみてください。

温かさや喜びを感じられる心というのは、うれしい気分と嫌な気分、両方を感じられることだと私は思います。嫌な気分はとても大事です。それは「自分が何を我慢しているのか」に気づくチャンス。「本当はどうしたいのか」に気づくチャンスなのです。

自分をねぎらう、自分を褒める、自分を甘やかす。そんなことにぜひ挑戦してみてくださいね。

・このカウンセラーのブログを読む
坂崎ひでこ
坂崎ひでこの更新通知を受けよう!
確認中
坂崎ひでこ
坂崎ひでこの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
坂崎ひでこ
坂崎ひでこの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
坂崎ひでこ
坂崎ひでこをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
坂崎ひでこ
坂崎ひでこの更新通知が届きます!
フォロー中
坂崎ひでこ
坂崎ひでこの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.