2018年4月20日 23:00|ウーマンエキサイト

問題を解決に導くための有効な自分の見つめ方

新宿の母
ライター (占い師)
新宿の母
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
いつまでも悩みを抱えてしまう人がいるけれど、そういう人には共通点があります。

自分をしっかり見つめることができないのね。

問題を解決に導くための有効な自分の見つめ方

© Tierney - stock.adobe.com



自分のことは、自分がいちばんよくわかっている、そんなふうに思いがちですが、わかっているようでわかっていないのが自分自身…。

他人と同じ目線で自分を見つめることができる人は、案外、少ないのよ。

人間は自分を正当化したがるところがあって、失敗を認めたがりません。

自分の問題をだれかや、何かのせいにして責任転嫁したほうがラクだし、「自分は悪くない」と思うことでメンツを保つことができますからね。

ただし、悩みを解決したい、しあわせな方向へ進みたいと思うのなら、態度を改めなければダメ。

その問題の責任が自分自身にもあることを自覚しなくてはいけません。

もちろん、すべての悩みに当てはまるわけではなく、まったく落ち度がないのに突然理不尽な目に遭わされた場合などは別ですよ。

ただ、家族や恋人など身近な人間関係で悩んでいるケースでは相手を責めるだけでなく、自分を振り返ることが重要ね。

たとえば、子どもの問題行動に悩む父親がいたとしましょう。

その父親が、「自分は一生懸命仕事して妻子を養ってきた、家のことは妻に任せてあったのだから俺には関係ない」という態度でいたらどうなるかしら?

悩みが解決するどころか、ますます子どもの問題行動は深刻になっていくでしょう。

問題を自分の責任として引き受ける覚悟が欠けていますよね。

この父親は、自分の問題として妻や子どもの悩みを受け止めるべきでした。

それだけでなく、いままで自分が親として子どもとどんなふうにかかわってきたのか、じっくり考えてみる必要があったはず…。

なのに、仕事にかまけて子どもとロクにかかわってこなかった自分の姿を、このお父さんはまったく省みていません。

妻と子どもばかりに目がいってしまって、自分の姿がまるで見えていないのね。

ここでは、いちばんわかりやすい例として親子の問題を紹介しましたが、夫婦の問題にしろ、恋人同士の問題にしろ、基本的には同じです。

相手を責めているだけでは、いつまでたっても堂々巡りで、悩みの解決とはほど遠い状態になってしまうのね。

いま目の前にある悩みをなんとかするには自分が変わるしかありません。

そのためには、いままでの自分のあり方、態度を振り返ることが、どうしても必要になってきます。
新宿の母
新宿の母の更新通知を受けよう!
確認中
新宿の母
新宿の母の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
新宿の母
新宿の母の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
新宿の母
新宿の母をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
新宿の母
新宿の母の更新通知が届きます!
フォロー中
新宿の母
新宿の母の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.