くらし情報『山本寛斎、新宿伊勢丹で“お祭り騒ぎ”!山口壮大と“ジャポニズム“提案。寅壱パンツも』

2015年4月8日 20:30

山本寛斎、新宿伊勢丹で“お祭り騒ぎ”!山口壮大と“ジャポニズム“提案。寅壱パンツも

(左)山本寛斎、(右)山口壮大

(C)FASHION HEADLINE


カンサイ ヤマモト(KANSAI YAMAMOTO)は、ファッションディレクター山口壮大をクリエイティブディレクターに迎え、4月8日、伊勢丹新宿店本館1階ザ・ステージ#1で期間限定ショップ「寛祭」をオープンした。新作コレクションをはじめ、日本の伝統や文化、様式を再構築して現代のファッションに昇華した“ジャポニズムファッション”を展開する。14日まで。秋田の伝統工芸“まなぐ凧”の模様が絵筆で描かれたT-SHIRT MANAGU-TAKO(1万8,000円)、日本の札遊戯“花かるた”のすべての模様が1枚のTシャツに施されたT-SHIRT HANA-KARUTA(1万8,000円)、美濃和紙を使用した生地を“からみ織り”で織り上げ、将棋の金や銀の駒の模様が手刷りで厚く施されたBIG MESH TOP“SHOUGI”(2万5,000円)、幅広の袖口を引き上げ、袖丈を調整できるKAPPOU-ONE PIECE(4万3,000円)などが販売される。日本を代表するブランドや職人ともコラボレーションするのも見どころだ。ワークウエアメーカー「寅壱」とは、寅壱のベーシックなニッカズボンに猛々しい虎が描かれたKNICKERBOCKERS(5万5,000円)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.