くらし情報『“花々は女性の次に美しい”--現代に受け継がれる、ムッシュ・ディオールの植物への深い愛』

2015年5月6日 17:00

“花々は女性の次に美しい”--現代に受け継がれる、ムッシュ・ディオールの植物への深い愛

『花々は神がこの世に与えた、女性の次にもっとも美しいものである』とはクリスチャン・ディオールが残した言葉

『花々は神がこの世に与えた、女性の次にもっとも美しいものである』とはクリスチャン・ディオールが残した言葉

今も昔も、数多のデザイナーが好むフラワーモチーフ。しかし、ムッシュ・ディオールほど深く花を愛し、これほど見事に美しく花々を取り入れたデザイナーは他に例をみない。彼にとって花々は、この世で女性の次に美しい絶え間ないインスピレーションの源だった。

『花々は神がこの世に与えた、女性の次にもっとも美しいものである』-クリスチャン・ディオール

ムッシュ・ディオールと花の出会いを紐解いてみると、幼少期にまで遡る。グランヴィルの生家には草花の溢れる美しい庭園があり、植物への愛情は自然と育まれていった。自ら植物の標本集をつくり、芳しいバラの庭園で何時間も過ごした経験は、後にデザイナーになった彼のクリエーションにおけるあらゆる原点となる。時に、そのノスタルジックな思い出は一輪のスズランに託され、ファッションショーでは幸運を招くラッキーチャームとして必ず彼のボタンホールに飾られていた。

『私はここグランヴィルにて、最も甘美で、感嘆に満ちた想い出を過ごしました。それどころか、私の人生、私のスタイルのほとんど全てを、その境遇と建物から影響をうけています』-クリスチャン・ディオール

『花のような女性たち、ファム フルール』

花々は、ムッシュ・ディオールのクリエーションに次々と彩りを加えていった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.