くらし情報『型染の第一人者・柚木沙弥郎の92年分の“色とかたち”【NADiffオススメBOOK】』

2015年5月28日 20:30

型染の第一人者・柚木沙弥郎の92年分の“色とかたち”【NADiffオススメBOOK】

「柚木沙弥郎 92年分の色とかたち」

「柚木沙弥郎 92年分の色とかたち」

各ブックストアがFASHION HEADLINE読者に向けて「今読むべき1冊」をコンシェルジュ。毎週木曜日は、アート・ブックショップ「ナディッフ」各店がオススメする1冊をご紹介。今回は愛知・名古屋の支店・ナディッフ愛知(愛知県名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター地下2階)です。

■「柚木沙弥郎 92年分の色とかたち 」

柚木沙弥郎(ゆのき さみろう)は、1922年生まれ、現役の染色工芸作家。柳宗悦の著書や和紙に大胆な民芸模様を型染めした芹沢けい介のカレンダーとの出会いが転機となり、当時勤めていた岡山・倉敷の大原美術館を退職し、芹沢けい介に師事。20代半ばから染織家としての道を歩み始め、日本における型染の第一人者として評価を得ている。

本書は、おおよそ70年に及ぶ創作活動のダイジェストの他、松本や盛岡といった所縁の地も紹介。また、その審美眼で収集した世界中の民芸品が本人のコメントと共に掲載されており、会話を交わしながら目の前でコレクションを一つずつ紹介されているかのような感覚が味わえる。

外から与えられた地位やジャンルに捉われず、自身の中で新たな手法や素材を切り拓き、近年では人形などの立体作品も発表する柚木沙弥郎。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.