くらし情報『「二科展」の第100回記念展、国立新美術館にて9月に開催』

2015年8月24日 16:00

「二科展」の第100回記念展、国立新美術館にて9月に開催

国立新美術館にて「第100回記念 二科展」開催

国立新美術館にて「第100回記念 二科展」開催

東京・六本木の国立新美術館にて9月2日から14日まで、「第100回記念 二科展」が開催される。

1914年、文部省美術展の洋画部に対して新進作家たちが“第二科”の新設を働きかけたが実現できなかったことから、有志が日本洋画の革新をめざして集結して始められた「二科展」。“流派にとらわれず、新しい価値を尊重し、創造者の制作上の自由を擁護する”を信条とし、洋画界の黎明期に多くの著名な芸術家を輩出してきた。

これまでの参加者は、安井會太郎、熊谷守一東郷青児岸田劉生梅原龍三郎、小出樽重、中川一政林武佐伯祐三宮本三郎岡田謙三藤田嗣治岡本太郎など。海外からもジェレニェフスキー、マチス、ドラン、ピカソ、デュフィ、ブラック、モネ、ボナール、ブールデル、ゴヤ、ルオー、ロダン、モディリアーニなど、数多くの著名作家の作品が出品された。

「第100回記念 二科展」では、同展に多大なる功績を遺した洋画家、彫刻家たちの作品を特別展示。歴代理事長の作品や、デザイン部と写真部の会員による同展に向けた作品も展開される。

また、国立新美術館2階にある休憩室A、B、C、Dでは、絵画、彫刻、デザイン、写真の4部の会員有志によるコラボ展を実施。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.