くらし情報『本場台湾茶と出合える渋谷「華泰茶荘」--美味しいお茶を日々愉しむ【お茶のある暮らしvol.2】』

2016年3月2日 15:00

本場台湾茶と出合える渋谷「華泰茶荘」--美味しいお茶を日々愉しむ【お茶のある暮らしvol.2】

茶海から聞香杯に注ぐ

茶海から聞香杯に注ぐ

一人でも、誰かと一緒でも、渋谷でゆっくりとお茶を飲みたいなと思った時には、大体決まってここに向かう。道玄坂を上った先にある、中国茶・台湾茶・茶器専門店の「華泰茶荘(ファイタイチャソウ)」は、渋谷の真ん中でありながらも異国へ旅行に訪れたような、つい時が経つのも忘れてしまう程のゆったりとした雰囲気が魅力的なのだ。

中国・台北で1842年創業、170年以上もの歴史を持つ老舗店という華泰茶荘。台湾茶問屋「林華泰茶行」の5代目であり、台湾で“お茶の人間国宝”と称される祖父から3代目という名門出身のオーナー・林聖泰さんが、東京に日本店を構えて約20年。全4階建のこのお店では、1階が上質な茶葉を常時約200種取り扱うという茶葉・茶器・茶道具の販売、2、3階がデザートや点心役150種類以上のお茶が楽しめる茶館、4階が個室となっている。

2階にはガラス越しに茶器や茶道具がずらり。高級なものからお手頃のものまで販売も行う。

3階の茶館では150種以上のお茶と、ランチ、点心、お菓子のメニューが味わえる。

中国での喫茶習慣は、約5,000年前に薬用として生葉を食べることから始まったといわれている。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.