くらし情報『アパレルビジネスの常識ではあり得ないことをする使命感 spoken words project デザイナー飛田正浩--2/2【INTERVIEW】』

2016年6月7日 18:00

アパレルビジネスの常識ではあり得ないことをする使命感 spoken words project デザイナー飛田正浩--2/2【INTERVIEW】

spoken words projectのアトリエ

(c) FASHION HEADLINE


昨年に続き、PUMAとのコラボレーションでアートを身にまとえるTシャツを発表したスポークン ワーズ プロジェクト(spoken words project)のデザイナー飛田正浩に、ファッションとの向き合い方を訊いた。1/2はこちら。■アウトプットしてゆくことの意義ーーPUMAとの第2弾コラボレーションでは、1点もののスニーカーに加えて、「ewokiru」をテーマにしたTシャツを発表されましたね。1点として同じものがないアートを履いて、着る。PUMAのようなグローバル企業がそれを手がけることに意義があると思うんです。アートの世界には、アーティストとの間にギャラリストがいて、道に落ちている石ころが3億円になってしまうマジックが生まれたりする。PUMAのような大きな船と僕たちみたいなブランドが取り組む面白さって、ある意味それに共通すると思うんです。オジさんになったからもう言ってもいいと思うんですけど(笑)、アパレルビジネスの常識ではあり得ないことをやって、新しい価値観を提案していく。そのことに今、使命感のようなものを抱いています。アトリエには、PUMAとのコラボレーションでアートを身にまとえるTシャツもーー他にも伊勢丹新宿店のTOKYO解放区で行ったオリジナル制作のワークショップを始め、いろんな形でもの作りの面白さを発信されていますね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.