くらし情報『ショーメがジュエリーに込めた愛のメッセージにヴァンドーム広場で触れる【Paris Report--5/5】』

2016年7月17日 18:00

ショーメがジュエリーに込めた愛のメッセージにヴァンドーム広場で触れる【Paris Report--5/5】

ショーメ パリ本店

パリを訪れるなら、一度は足を踏み入れてみたい場所を巡るツアーレポート。旅の最終日は、パリの中心でもあるヴァンドーム広場でハイジュエラーメゾンを巡ります。今回は、愛と感性のジュエラーと言われるショーメ(CHAUMET)を訪問します。■ショーメがジュエリーに込めた愛のメッセージショーメは236年の歴史を持ち、歴代の王侯貴族達にジュエリーを提供してきました。現在、その稀少なコレクションを見ることができる期間限定の回顧展が、本店にて開催されています。ショーメがその歴史の中で手がけた愛情にまつわるジュエリーを集めた、「Une Education Sentimentale(心の小径)」展を訪れました。ショーメ パリ本店ヴァンドーム12番地に並ぶブティックに足を踏み入れると、壁も床も一面、ロマンティックなピンクに染まっています。そこに飾られているのは、男性から女性へ、親から娘へといった愛の証のギフトやハート、キューピッドの矢をモチーフにしたジュエリーの数々。壁にはティアラやネックレス、ブローチなど数々のアーカイブの写真でハート型が形作られ、見る者を惹きつけます。映画界や芸術家など、数々の著名人の写真からは、ショーメが多くの愛の瞬間に寄り添ってきたことを物語っていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.