くらし情報『“山は語る”!?自然、食、音楽、本、デザイン、人に触れる芸術祭「山形ビエンナーレ2016」が今秋開催』

2016年8月7日 18:00

“山は語る”!?自然、食、音楽、本、デザイン、人に触れる芸術祭「山形ビエンナーレ2016」が今秋開催

主な会場は、文翔館、洗心庵、とんがりビル、遊学館、山形県立図書館、山形まなび館、旧西村写真館、七日町御殿堰、BOTA coffee、ギャラリー絵遊・蔵ダイマス、やまがた藝術学舎、東北芸術工科大学、丸八やたら漬旅籠町立呑処、乃し梅本舗佐藤屋本店、クアハウス碁点旧大浴場、新庄市エコロジーガーデン・原蚕の蚕の杜、東京・荻窪のカフェ6次元、東京・銀座の森岡書店など。
芸術監督・荒井良二ポートレート

「ブックトープ山形」ナカムラクニオ/常設・本・まちなか

とんがりビルの食堂「nitaki」/食

市(ichi)プロジェクト「山姥市」アトツギ編集室/市庭

「あっちの目、こっちの目(クマの話)」ミロコマチコ/常設・朗読会

「日本の絵」三瀬夏之介/常設(画像は参考作品です)

「いしいしんじのその場小説」いしいしんじ/小説

「BAN BOO NEST」川村亘平斎/常設・影絵・音楽

「荒井良二と野村誠の山形じゃあにぃ」荒井良二×野村誠/音楽・アート

平澤まりこと旅するYAMAGATA TRAVEL BUREAU 2016「山伏 坂本大三郎さんといく湯殿山ツアー」/ツアー

みちのおくつくるラボ「KAGU LABO.」

ひろがるリノベーション「とんがりビル」

市(ichi)プロジェクトロゴ

メイン会場となる「文翔館」。写真は山形ビエンナーレ2014で前庭に出現したサッカーフィールド「トラフ建築設計事務所のWORLD CUP」

東北芸術工科大学が主催する地域密着型の現代芸術祭「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」が開催

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.