くらし情報『アート×科学の広がる可能性、水滴を釉薬で永遠化!?中村元風の作品展が新宿伊勢丹で開催』

2016年8月22日 17:00

アート×科学の広がる可能性、水滴を釉薬で永遠化!?中村元風の作品展が新宿伊勢丹で開催

「グレイズーー輝きは、チャレンジから生まれる」が伊勢丹新宿店本館1階で開催

(c) FASHION HEADLINE


アーティストサイエンティスト中村元風と、クリエイティブディレクター近衛忠大による「グレイズーー輝きは、チャレンジから生まれる」が、8月24日から29日まで伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージにて開催される。本展は、三越伊勢丹で開催される「彩り祭」の一環として行われるもので、中村元風が30年の年月をかけて研究し、ようやく実現した釉薬である「グレイズ」を0.0001g単位で緻密に調合し、色彩や透明感を調整、焼成時間や使用する水の種類にまでこだわって作られたアート作品が展示される。中村が雨上がりに日光を受けて輝く水滴のみずみずしい様に心を打たれ、それを永遠化したいという想いから釉薬の研究に挑み、「グレイズ」の輝きに辿り着いたという。作品は、禅の世界などで万物すべての形を代表するといわれる◯、△、□の形で構成されている。◯のシリーズは、宇宙に輝く星がイメージされており、生まれたての生命力を表現した「グローブ(Globe)」(10万円から)、エネルギーの循環や永続を表現するため、球体の上下に穴が開けられた「トーラス(Torus)」(30万円から)が展示される。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.