くらし情報『花で敷き詰められた巨大カーペットが広場に出現!ベルギーと日本の友情を祝う』

2016年9月20日 20:00

花で敷き詰められた巨大カーペットが広場に出現!ベルギーと日本の友情を祝う

「フラワー・カーペット」

ベルギー・ブリュッセルが誇る世界で一番美しいとされる広場、グラン・プラス(Grand-Place)。歴史的な建造物が立ち並ぶその広場を使ったアート作品が完成、公開された。「フラワー・カーペット」と称されたこの巨大な作品はその名が表す通り、花をぎっしりと敷き詰めて作られている。大きさは長さ75メートル、幅24メートル、面積は1,800平方メートルに及び、約100人のボランティアにより完成させられたのだという。60万輪ものベゴニアとダリアの花が敷地いっぱいに並んだ光景は圧巻だ。計画には2年もの年月をかけたそうで天候、集客、スケジューリングなど全てにおいてチャレンジングなプロジェクトだったという。この作品は実は、ベルギーと日本の友好を記念して作られた。両国は1866年以降親交を続けており、今年で150周年になったことを祝うために計画・制作された。カーペットの配色・模様は日本を意識したものを用いたそうだ。鶴を中心に配置し、その周りを松や鯉、竹林に桜などをあしらった模様は、日本の四季をイメージしている。日本の四季はそれぞれの季節に特徴があり、また季節の花を大切にしたり花言葉のように独特な文化を持ったりしている点が外国から見ると興味深いのだそうだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.