くらし情報『銀座に都内最大級の商業施設「ギンザ シックス」が来春開業。まだ誰も見たことがない世界の“GINZA”を体現』

2016年10月27日 11:00

銀座に都内最大級の商業施設「ギンザ シックス」が来春開業。まだ誰も見たことがない世界の“GINZA”を体現

内観

銀座・松坂屋の跡地を含む2街区に、都心エリア最大規模の商業施設「ギンザ シックス(GINZA SIX)」が17年4月20日開業する。グランド ハイアット東京で26日記者会見が行われた。「ギンザ シックス」は、J.フロント リテイリング、森ビル、L Real Estate、住友商事の4社が協業。各社のノウハウを結成し、新しい構成の大型複合施設が誕生する。延床面積が約14万8,700平方メートル、商業施設面積が4万7000平方メートルと、圧倒的スケールを誇る同施設は、谷口吉生が建築設計と外観デザインを担当。商業施設内のインテリアデザインは、キュリオシティ/グエナエル・ニコラが担当した。同施設では、都心最大規模の241のブランドが入居するショッピングフロアと、文化・交流施設「観世能楽堂」、観光客用のバス乗降所などで構成。屋上には庭園が開かれる予定だ。さらに、大規模なオフィスフロアも入居し、約3000人のオフィスワーカーを銀座に迎え入れることとなる。「百貨店はもうやらない。今の百貨店を進化させるのではなく、誰も見たことのない新しい商業施設を創る」と話すのは、J.フロント リテイリング株式会社 代表取締役社長の山本良一

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.