くらし情報『1,360万のざわめきをとじこめた緻密工作都市の風景、写真家・本城直季が捉えた『東京』』

2016年10月30日 10:00

1,360万のざわめきをとじこめた緻密工作都市の風景、写真家・本城直季が捉えた『東京』

風景をミニチュアのように捉えた写真で人気の写真家・本城直季による写真集『東京』が発売

風景をミニチュアのように捉えた写真で人気の写真家・本城直季による写真集『東京』が、10月27日に刊行された。本城直季は、雑誌や広告など幅広い分野で活躍している写真家。デビュー作である写真集『small planet』で第32回木村伊兵衛写真賞を受賞しており、その後、『Shinkirou』、『TREASURE BOX』、『京都 KYOTO』などの写真集を発表してきた。作品はメトロポリタン美術館や、ヒューストン美術館にも所蔵されている。今回発売される最新作の『東京』は、『small planet』から続く独特の手法を用い、クールな視点で“東京”を上空から捉えたもの。様々な建造物が地面を覆い、まるで基盤のように地平の彼方まで拡がる日本の首都・東京を、都市風景を撮り続けてきた本城ならではの視点で今、改めて見つめなおした。【書籍情報】『東京』著者:本城直季ブックデザイン:佐々木俊並製/64ページ/B4変型発刊:2016年10月27日価格:2,500円
風景をミニチュアのように捉えた写真で人気の写真家・本城直季による写真集『東京』が発売

風景をミニチュアのように捉えた写真で人気の写真家・本城直季による写真集『東京』が発売

風景をミニチュアのように捉えた写真で人気の写真家・本城直季による写真集『東京』が発売

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.