くらし情報『南青山の裏通りからハイエンドの本質を発信するBLAMINK』

2016年11月14日 20:15

南青山の裏通りからハイエンドの本質を発信するBLAMINK

南青山の裏通りからハイエンドの本質を発信するBLAMINK

東京南青山・骨董通りの一本裏通り、突き当たりになる路地の奥からコンクリート打ち放しの高い壁に反射する自然光がまぶしい。10月22日にオープンしたブラミンク トーキョー(BLAMINK)は、いまだホームページも設置されていないながら、スタイリストを始めとする多くの洋服好きのSNSのタイムラインで話題を集めている。2層80坪の店内にはやさしい光が差し込み、ゆったり商品をみせる贅沢な空間は美術館のように細かく計算されている。2階フロアの5メートル近くある天井高と白い梁と鉄の窓枠やスチールとガラスのショーケースが無機的な空間に表情を与える。壁際に置かれたヴィンテージスピーカーから流れるジャンルや時代を超えた音楽は、不思議な時間を描き出す。ブラミンクはドゥロワー(DRAWER)を立ち上げたデザイナーの吉武味早子(よしたけみさこ)が13年間ディレクターを務めたドゥロワーを退任したことにともない、新たにクリエイティブディレクター、チーフデザイナーしてスタートさせたブランド。ユナイテッドアローズの関連会社として昨年設立されたデザインズ(Designs)が運営し、消費的なファッションと距離を保ちながら「本質的な洋服の価値を純粋に追い求める」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.