くらし情報『東京都写真美術館で「アピチャッポン・ウィーラセタクン 亡霊たち」展、作家本人のシンポジウムも開催』

2016年12月8日 17:00

東京都写真美術館で「アピチャッポン・ウィーラセタクン 亡霊たち」展、作家本人のシンポジウムも開催

《ゴースト・ティーン》2009年 インクジェット・プリント

東京・恵比寿の東京都写真美術館では総合開館20周年を記念して12月13日から17年1月29日まで、タイ出身の映像作家で映画監督のアピチャッポン・ウィーラセタクンによる「アピチャッポン・ウィーラセタクン 亡霊たち」展が開催される。アピチャッポン・ウィーラセタクンは、タイの東北地方の伝説や民話、個人的な森の記憶や夢などを題材にした、写真やフィルム、ビデオ、インスタレーション、長編映画などを制作してきた映像作家。その作品は、淡々とした日常のなかから人間の深淵を浮かび上がらせていくとともに、タイの現代社会に関わる移民や格差、政治などの社会問題にも密接に関わっている。同展では、目に見えない“亡霊=Ghost”をキーワードに、同館のコレクションを中心とした最新作品を含む23点とアーカイブ作品を展示。キーワードの“亡霊=Ghost”には、写真や映像などのメディアを媒介することで作用する“映像自体が持つ特性”と、政治や歴史の中に潜む“モンスターのような見えざる力”の二つの意味が込められた。一見薄暗い部屋に窓から陽射しが差し込み、明滅しながら動いていく様子が映し出された初のビデオ作品や、シカゴ美術学校で映画制作の修士課程時代に制作した初期の実験映画、アピチャッポンの日常の中で失われてしまった記憶や、タイ社会の暗部への眼差しが描かれた作品など、様々な映像作品が展開される。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.