くらし情報『ラマルク、夜のメトロポリスに一筋のプリズム【2017-18秋冬ウィメンズ】』

2017年1月31日 11:15

ラマルク、夜のメトロポリスに一筋のプリズム【2017-18秋冬ウィメンズ】

ラマルク2017-18年秋冬コレクション

ラマルク(LAMARCK)が1月30日、東京・港区の草月会館で2017-18年秋冬コレクションを発表した。テーマはMETROPOLIS(都市)。昨年も8月23日に同じ会場で2017年春夏のショーを行うなど、前回からニューヨークやパリのファッションウィークに先駆けてショーを開催している同ブランド。今シーズンは80年代を彷彿とさせる強い女性像を表現した。ショーは黒のスーツでスタートした。1年前の朝や前回の昼の光が降り注ぎ、自然の中を歩くようなムードとは反対に、ホノグラムを敷き詰め、夜の街を歩く演出が強さと人工的な美を強調。80年代のビッグシルエットがトレンドとして注目される中で、マニッシュなアイテムに丸みや膨らみなどの曲線を取り入れたデザインや、オフショルダー、ブラトップ、網タイツなどで、強さと女性らしさを共存させている。また、新聞も使ったというカットジャカード、端布を付けたドレス、ドローストリングス、たくさんのボタンを付けたデザインなど、素材やディテールに凝ったアバンギャルドなデザインも取り入れている。リラックスしたムードや自然を感じさせる透明感とは対照的な、力強さの中にボディーコンシャスやアバンギャルドをミックスしたようなコレクション。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.