くらし情報『イッセイ ミヤケ、オーロラの光を宿したファブリック【2017-18秋冬ウィメンズ】』

2017年3月8日 14:00

イッセイ ミヤケ、オーロラの光を宿したファブリック【2017-18秋冬ウィメンズ】

イッセイ ミヤケ2017-18年秋冬コレクション

宮前義之によるイッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)は3月3日、パリ市庁舎のホールを会場に2017-18年秋冬コレクションショーを行った。コレクションタイトルは「Chromatic Fantasia-極光色-」。今シーズンは、シェットランド産の原毛を5色に染めて一本の糸にしたものを織った「AURORAL」シリーズ、プリントした特殊なのりを高温で縮ませるベイクド・ストレッチを応用した「PLASMA × “Baked Stretch”」シリーズ、折り目をあらかじめ織り込んだ布を蒸気で縮ませるスチーム・ストレッチを用いた「AURORAS × “Steam Stretch”」シリーズの3パートで構成。「AURORAL」は見る角度によって色が変化し、玉虫を思わせるグラフィカルなファブリックが、独特の光沢と張りを見せている。「PLASMA × “Baked Stretch”」は波模様とボーダーを重ね合わせて視覚効果を演出。シンプルなシルエットでありながら、目を凝らしてその構造を探りたくなるようなアイテムに仕上がっている。「AURORAS × “Steam Stretch”」は、四角い布から流線型のプリーツを作り出す手法で、平面の布から立体的な服を生み出すことが可能となった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.