くらし情報『ニナ リッチ、マリー・ローランサンの絵画をパレットに紡ぐウエスタンスタイル【2017-18秋冬ウィメンズ】』

2017年3月16日 21:00

ニナ リッチ、マリー・ローランサンの絵画をパレットに紡ぐウエスタンスタイル【2017-18秋冬ウィメンズ】

ニナ リッチ2017-18年秋冬コレクション

3月4日、ギョーム・アンリ(Guillaume Henry)によるニナ リッチ(NINA RICCI)は、パリのグラン・パレを会場に、2017-18年秋冬ウィメンズコレクションショーを開催した。アメリカのウエスタンスタイル、そしてマリー・ローランサン(Marie Laurencin)の絵画から引用したカラーパレットで構成。ギョーム・アンリが得意とするオーバーサイズコートには、ラップルカラーのブラウスをコーディネートし、ヘムがスカラップエッジのヴィクトリアン調ジゴ袖ジャケットにはニッカポッカ風のパンツを合わせ、どこかにガーリーな魅力を配している。しかし、ヒップ部分をカットアウトしたスカートやレースのブラなど、セクシーさを強調したガーリーとは対極のアイテムも。ロデオプリントを星型にパッチワークしたスカートやウエスタンシャツドレスは、今シーズンの中でも象徴的なアイテムとなっていた。トレンドのコーデュロイのトレンチには、馬の鞍のようなレザーショルダー&カラーを配し、ジャケットにもレザーのパーツをアップリケしてウエスタン調にアレンジ。後半はマリー・ローランサンの絵画を思わせるグレイッシュなブルーやピンクのアイテムで構成。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.