くらし情報『今まで見たことのないユニークな箒をつくる熊本のクラフトショップ「OPEN STUDIO」【九州のクリエイターたち:02】』

2017年3月26日 21:00

今まで見たことのないユニークな箒をつくる熊本のクラフトショップ「OPEN STUDIO」【九州のクリエイターたち:02】

熊本の工房「OPEN STUDIO」

Photo by Nonoko Kameyama (c)FASHION HEADLINE


三越伊勢丹とビームス(BEAMS)がタッグを組み日本各地の魅力を再発見するプロジェクトイベント「STAND九州」が、3月29日より伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージとビームス ジャパン1階でスタートする。FASHION HEADLINEでは、同イベントに参加をする九州のクリエイターたちにスポットをあて取材を行った。連載第二回目は、熊本の「オープンスタジオ(OPEN STUDIO)」を紹介する。■オープンスタジオ “日常のユーモアをデザイン"自身で編んだ箒に、アイスホッケーの柄を組み合わせた斬新でユーモアのセンスあふれるオリジナルアイテム。工房には、その他にも、テニスラケット、ギター、三味線、空き缶などを柄にしたものなど、ここにしかないデザインの箒が大小さまざまに揃う。この発想は一体、どこから生まれたのだろう。熊本市内にある蔦に覆われた印象的な工房「オープンスタジオ」は、1979年に吹きガラスの工房としてオープンした。オーナーの高光俊信さんをひと言で表せば、才気溢れる“デザイナー”である。高光さんは、大学生の時分から福岡で紙のデザインを師から学び、その後、イギリスでは吹きガラスの技法を、次の10年はアメリカの工芸学校で金属を学び…といった具合に、1素材10年構想で次々と自分のものにしていった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.