くらし情報『ミキオサカベがみせた和の新境地【2018春夏ウィメンズ】』

2017年10月26日 19:00

ミキオサカベがみせた和の新境地【2018春夏ウィメンズ】

坂部三樹郎とシュエ ジェンファンによるミキオサカベ(MIKIOSAKABE)が、「Amazon Fashion Week TOKYO 2018 S/S」期間中の10月21日、渋谷ヒカリエで2018年春夏コレクションを発表した。東京コレクションの最終プログラムであったこともあり、会場にはプレス関係者から服飾関係の学生まで多くの人が集まり超満員に。開演予定時刻を30分以上過ぎ、観衆の期待が最高潮に達したところでショーが始まった。

月の光のようにぼんやりと灯る巨大な球体がステージを照らす中、爆音とともに20cm近くヒールのある花魁の高下駄のようなシューズを履いた外国人モデルが登場。金髪を文金高島田風に結ったヘアスタイルに、OLの制服のような真っ赤なジャケットワンピ―スをまとい、肩には大きなスクールバックをかけている。さらに、プリーツスカートや制服のベストをベースにしたものなど、日本の“会社”や“学校”を彷彿とさせるルックが続く。

「今までやってきたことの延長ではなく、全く違ったことがやりたかった。今回のテーマは“和”のミックス。最初は着物を作ろうかとも思ったけれど、それは難しくて無理で。OLっぽいものや学生スタイルのニュアンス、“かわいいカルチャー”のエッセンスなど、それぞれの和の部分を採り入れてミックスしたら調和が取れた」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.