くらし情報『下田海中水族館とポーラ美術館が初コラボ! 新しい鑑賞体験で楽しむエミール・ガレの作品世界』

2018年2月9日 11:00

下田海中水族館とポーラ美術館が初コラボ! 新しい鑑賞体験で楽しむエミール・ガレの作品世界

下田海中水族館とポーラ美術館は、初のコラボレーションとして、エミール・ガレ(Emile Galle)の作品世界を生き物を通して楽しめるキャンペーン企画「エミール・ガレの世界 箱根の森と下田の海」を3月17日から7月16日まで開催する。

下田海中水族館とポーラ美術館が初コラボ! 新しい鑑賞体験で楽しむエミール・ガレの作品世界
エミール・ガレ 花瓶「海馬」 1901-1903年北澤美術館
19世紀後半から20世紀初頭に活躍したフランスのガラス工芸作家、エミール・ガレは、“森”を生命の象徴と捉え、植物学や生物学の知識を駆使して植物や昆虫を作品に多く取り入れた他、生命の源である“海”に深い関心を寄せ、クラゲやタツノオトシゴなど海の生き物をテーマにした作品も制作。

今回、「エミール・ガレ 自然の蒐集」展を開催するポーラ美術館と、同じく富士箱根伊豆国立公園内に位置している下田海中水族館が、箱根の“森”と下田の“海”という豊かな自然の中で、より親しみをもってガレの作品世界を楽しめるよう初のコラボレーションを実施する。

下田海中水族館とポーラ美術館が初コラボ! 新しい鑑賞体験で楽しむエミール・ガレの作品世界

期間中、下田海中水族館では、魚類・海藻類の特別展「19世紀の芸術家 エミール・ガレが愛した海」を開催し、ガレが魅了され、自身の芸術様式の着想源でもある“海”と、そこに生きる生物の世界を5つの水槽で表現。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.