くらし情報『ヴァンジ彫刻庭園美術館で「須田悦弘 ミテクレマチス」展、クレマチスを中心とした新作のインスタレーション』

ヴァンジ彫刻庭園美術館で「須田悦弘 ミテクレマチス」展、クレマチスを中心とした新作のインスタレーション

2018年2月14日 14:00
 

ヴァンジ彫刻庭園美術館で「須田悦弘 ミテクレマチス」展、クレマチスを中心とした新作のインスタレーション
《クレマチス》2017年、木に彩色
©Suda Yoshihiro/Courtesy of Gallery Koyanagi
本物と見間違えるほどに精巧な花や草木の彫刻作品をインスタレーションで発表し、国内にとどまらず海外でも高い評価を受けている気鋭の美術作家、須田悦弘の展覧会「須田悦弘 ミテクレマチス」がヴァンジ彫刻庭園美術館にて開催される。

独学で木彫の技術を身につけた須田は、薄い花びらや葉、細い蔓などを朴の木から繊細に彫り起こして彩色し、さまざまな植物を制作してきた。たった一輪の花や小さな雑草の作品が置かれることで空間全体の見え方が大きく変わり、私たちに新鮮な驚きをもたらす作品は、見ることそのものの意味を静かに問いかけているようだ。

本展では、これまでも須田が関心を持って制作していたクレマチスを中心に、多数の最新作を展示。園芸品種としての歴史や、造形的な美しさへの関心から、対象を深く観察し作られる須田のクレマチスは、美に対する私たちの感性を刺激してやまない。さらに、作品と美術館の空間が密接に関係づけられる須田のインスタレーションという展示方法によって、ここだけでしか体験できない展示が生み出される。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.