くらし情報『ギンザ シックスの吹き抜けアートが草間彌生から仏アーティストのダニエル・ビュレンへ』

2018年2月20日 18:00

ギンザ シックスの吹き抜けアートが草間彌生から仏アーティストのダニエル・ビュレンへ

ギンザ シックスの吹き抜けアートが草間彌生から仏アーティストのダニエル・ビュレンへ
《半円から円へ:色彩の旅》 展示風景、ボコタ近代美術館、ボコタ、コロンビア、2017年
© ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018 G1226
ダニエル・ビュレンは、フランス生まれの美術家。1965年から自身の論理に基づいた8.7センチ幅のストライプ模様の作品を数多く制作。その作品は絵画、彫刻、壁面、建物など幅広いメディアに展開され、いままでに数千点以上の作品を制作してきた。1986年にはフランス代表としてベネチア・ビエンナーレに参加し「金獅子賞」を受賞。また、2007年高松宮殿下記念世界文化賞受賞(絵画部門)。近年では、2016年にフランク・ゲーリー設計のフォンダシオン ルイ・ヴィトンの美術館建築をジャックし、話題となった。日本でも横浜トリエンナーレ2005、茨城県北芸術祭(2016年)など数多くの芸術祭や恒久設置を行っている。
ギンザ シックスの吹き抜けアートが草間彌生から仏アーティストのダニエル・ビュレンへ
「GINZA SIX親子能体験教室」※イメージ
「GINZA SIX 薪能特別公演」と題し、能楽最大流派である観世流の能の世界を堪能できる場として、初の試みとなる薪能特別公演を屋上のGINZA SIXガーデンにて開催。5月4日の公演では、観世清和(二十六世観世宗家)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.