くらし情報『惹きつけるクロエ・レディの多面性【2018-19秋冬ウィメンズ】』

惹きつけるクロエ・レディの多面性【2018-19秋冬ウィメンズ】

2018年3月7日 15:00
 

ナターシャ・ラムゼイ=レヴィ(Natacha Ramsay-Levi)によるクロエ(Chloé)は、国営ラジオ放送局のメゾン・ドゥ・ラ・ラディオで2018-19年秋冬コレクションショーを開催した。あらゆるものを惹きつける、しかし同時に近寄り難い「マグネティック・ウーマン」をイメージしながら、フリュイディティ(流動性)とムーヴメント(動き)をキーワードにコレクションを構成。

キーモチーフとなったグラフィカルなプリントは、1973年のカール・ラガーフェルド時代のアーカイブより引用されたもの。女性の身体を象ったチャームのネックレスと、風にそよぐようなスカートをコーディネートして、軽やかさを表現している。

アイコニックな馬モチーフは、今シーズンはスポーティーなブルゾンやゴートファーのジャケットに刺繍され、ゴシック書体のCモチーフのプリントをライニングに配している。

ゴートファーをサイドに配したパンツや、異素材をミックスしたカーゴパンツなどは、今までのクロエにおけるマスキュリン・フェミニンな手法とは一味違う、独自性あるアイテム。そして、二の腕に配したブレスレットや装飾として服に取付けられているメタルパーツ使いなど、そのどれもがモダンでエッジー。前シーズンのファーストコレクション以上に、ナターシャ・ラムゼイ=レヴィによる新しいクロエ像を強烈に印象付けることとなった。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.