くらし情報『エルメス、ムーブするメゾンのヘリテージ【2018-19秋冬ウィメンズ】』

エルメス、ムーブするメゾンのヘリテージ【2018-19秋冬ウィメンズ】

2018年3月8日 19:30
 

ナデージュ・ヴァンヘ=シビュルスキー(Nadège Vanhée-Cybulski)によるエルメス(HERMÈS)は、ヴィクトール・デュリュイ高校の庭に建てられた特設会場を舞台に2018-19年秋冬ウィメンズコレクションを発表した。会場は半屋外だったが、客席にはヒーターがめぐらされ、さらに各自にウールのブランケットが配布された。

エルメス、ムーブするメゾンのヘリテージ【2018-19秋冬ウィメンズ】
エルメス2018-19年秋冬ウィメンズコレクション / Photographer Jean-François José
メゾンのコードを様々なアプローチで表現することがナデージュ・ヴァンヘ=シビュルスキーによるコレクションの大きなコンセプトであり、今シーズンは特にエルメスのアイコンであるレザーに焦点を当てている。

夕暮れ時を狙ってドラマティックにショーがスタート。ウエストを左右3本のラインでマークしたカーフレザーのコートには、バッグ「Verrou」(フランス語で差し金の意)のチェーンのディテールを配し、レザーのシャツドレスにはバッグ「Piano」のメタルパーツを打ち、シルクプリントのワンピースや、ブランケットステッチのダブルフェイスウールカシミアのジャケットにはバッグ「Medor」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.