くらし情報『金沢21世紀美術館でインドネシアの気鋭アーティスト、アイ・チョー・クリスティンの日本初個展を開催』

金沢21世紀美術館でインドネシアの気鋭アーティスト、アイ・チョー・クリスティンの日本初個展を開催

2018年4月6日 11:00
 

石川県・金沢市にある金沢21世紀美術館では、インドネシアの現代アーティストであるアイ・チョー・クリスティン(Ay Tjoe Christine)の日本の美術館での初個展となる「アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意」を4月28日から8月19日まで開催。

関連リンク

・イン派orアウト派?ボーイフレンドデニム素敵着こなし術
・春の定番、ノーカラーシャツ&ブラウス。真似したくなる素敵なコーディネート15選
・プチプラファッションなら外せない【reca】!人とかぶらないおしゃれを叶えよう☆
《Too Many Fishes》2013 Oil on canvas 170×200cm
©Ay Tjoe Christine, courtesy of Ota Fine Arts
アイ・チョー・クリスティンはインドネシアの西ジャワ州バンドン出身の、インドネシアで活躍する現代アーティスト。彼女はドライポイントなどの凹版印刷の技術を習得した後、テキスタイルデザイナーとしてキャリアを積み、2000年頃からアーティストとしての活動を本格的にスタートさせた。2001年に、フィリップ・モリス・インドネシアン・アートアワードで入賞したのを皮切りに、2009年には香港アートフェアにおいてSCMP アート・フューチャー・プライズを受賞、また2015年にはプルデンシャル・アイ・アワード(絵画部門)を受賞するなど、着実にアーティストとしての地歩を築いている。

キリスト教の説話や精神的主題に基づいて表現を行うアイ・チョーの作品は、人間の不完全性や二面性についての深い洞察に裏付けられている。とりわけ絵画における飛び散るような色彩の断片は自身の揺れ動く感情の在りようを示す一方、カンヴァスの余白との魅力的な調和をみせる抽象化されたイメージには、万物と人間との関係性を探求するアイ・チョーの真摯な姿勢が現れている。本展は、活動初期のドライポイントやドローイング、具象から抽象の間で表現の可能性を探求してきた油彩画群、ソフトスカルプチャーや大規模なインスタレーション、さらに本展のために制作された新作の大型絵画など、約50点の作品を通して、およそ20年にわたる多角的な創作活動の成果を紹介する。

《Lama Sabakhtani #01》2010 430x250x400cm ミクストメディア・インスタレーション
©Ay Tjoe Christine, courtesy of Ota Fine Arts

多民族、多言語、多宗教の東南アジア地域では、じつにダイナミックで多様な文化が育まれてきた。本展では、アジアのまなざしが映し出す多様性を通して、自由の希求、アイデンティティ、成長とその影、コミュニティ、信仰と伝統、歴史の再訪など、東南アジアにおける現代アートの特徴とその発展の一端を垣間見ることができる。

また、「世俗の時代」あるいは「理性の時代」と呼ばれる現代において、今に生きるアーティストの多くは自己の理性や感性に基づく作品を次々に生み出している。その一方で、アイ・チョーはキリスト教の聖書、すなわち「外」の世界に着想を求める。宗教に起因するものばかりではないが、宗教という「人」を見つめるまなざしを内包するアイ・チョーの作品は、人間存在の本質や生きるうえで重要な価値や意味を見いだすきっかけを今の時代に与えてくれるのかもしれない。近年、ますます多様化するアートの表現方法。その中において、時に彫刻やインスタレーションに挑戦しながらも、純粋に絵画表現を追い求めるアイ・チョーの姿勢は、現代美術館として常に考えていかなければならない、「芸術とはなんであるか」という問いを我々に投げかけているかのようでもある。

《I need your hand #2》2009 135x170cm アクリル・カンヴァス
©Ay Tjoe Christine, courtesy of Ota Fine Arts

アジアとヨーロッパの歴史や文化、宗教のはざまで独自の創作活動を展開するアイ・チョー・クリスティン。彼女の20年におよぶ活動を回顧する展覧会を、東アジアをはじめとするアジア圏の多様な文化を受容し、またその独自の文化を世界に発信してきた国際都市・金沢において開催することは、世界各国の都市に対する理解や協働を絶えず模索するこの街で、多様な文化や宗教について理解を深めるきっかけとなるだろう。

初日となる4月28日には、同館レクチャーホールにてアーティスト・トーク「 アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意」を開催。アイ・チョーは、自身の作品について語る際に、しばしば「霊性」や「寓意」(あるいは寓話)といった形而上的な言葉を用いる。それらは、彼女自身の宗教観あるいは人間観に基づいて端的に発せられた言葉だと思われるが、気ままで無秩序にも見える彼女の作品の第一印象とは大きなギャップを感じさせる。アーティスト・トークでは、人生の普遍的な問題に常に向き合ってきたアイ・チョー芸術の特質を、本展出品作品を通して作家自身が解き明かす。なお、定員は80名、参加無料。4月6日より、ウェブサイトで先着順にて申込み受付を開始する。

【展覧会情報】
アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意
会期:4月28日~8月19日
会場:金沢21世紀美術館 展示室7~12、14
住所:石川県金沢市広坂1-2-1
時間:10:00~18:00(金曜・土曜は20:00まで、チケットの販売は閉場30分前まで)
料金:一般1,000円 大学生800円 小中高生400円 65歳以上800円
休館日:毎週月曜日(ただし4月30日、7月16日、8月13日は開場)、7月17日

アーティスト・トーク「 アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意」
日程:4月28日
会場:金沢21世紀美術館 レクチャーホール
時間:14:00〜15:30
料金:無料
定員:80名
申込方法:ウェブサイトにて4月6日 10:00から申込み受付開始(先着順)
※逐次通訳付き

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.