くらし情報『初夏の花々とアートの共演! 野外展示による写真展が神戸・六甲山にて初開催、大宮エリーやヤマモトヨシコが出展』

初夏の花々とアートの共演! 野外展示による写真展が神戸・六甲山にて初開催、大宮エリーやヤマモトヨシコが出展

2018年5月3日 11:00
 

神戸・六甲山では、「初夏の花めぐり ROKKO フォトグラフィックガーデン」を、六甲オルゴールミュージアム、六甲高山植物園、六甲山カンツリーハウス、自然体感展望台 六甲枝垂れ、六甲ケーブル、六甲ガーデンテラス、TENRAN CAFEの会場で、5月11日から7月31日まで初開催する。

初夏の花々とアートの共演! 野外展示による写真展が神戸・六甲山にて初開催、大宮エリーやヤマモトヨシコが出展

5月から7月にかけて、1年のうちで最も緑が美しい季節を迎える六甲山。本イベントは、ベストシーズンを迎える初夏の六甲山で、色とりどりに咲き誇る花々と野外展示されたアーティスティックな写真を通じて、自然や眺望など六甲山の魅力を五感で楽しむことができる。初開催となる今年は、大宮エリー島田洋平、ヤマモトヨシコ、キャロル・アーブ(Carol Erb)、リチャード・トゥシュマン(Richard Tuschman)、アール・ジェイ・カーン(R.J.Kern)など、総勢10組の国内外の写真家が山上の7会場を舞台に、それぞれ個性豊かな作品を展示する。

国内ではあまり一般化していない写真の野外展示に取り組み、非日常の新たな風景を構築。写真に関心のある人々だけではなく、国内外問わず多くの人々に、自然と写真によって彩られる「写真の庭」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.