くらし情報『資生堂の『花椿』夏号、“WILD”をテーマに映像作家の山田智和がモデルのタカハシララを撮り下ろす』

資生堂の『花椿』夏号、“WILD”をテーマに映像作家の山田智和がモデルのタカハシララを撮り下ろす

2018年4月16日 17:30
 

資生堂の企業文化誌『花椿』夏号が4月15日に刊行された。資生堂関連施設および全国の書店計43ヶ所(4月1日現在)にて無料配布中。

今号の特集テーマは「WILD(野生、野性)」。“INTO THE WILD”と題して、一人の女性が自分の中に眠る“野性”を見つける旅に出る物語を、美しい写真とともに展開する。ストーリーを撮り下ろしたのは映像作家の山田智和。雄大な自然が広がる沖縄の西表島を舞台に、ファッション誌やハイブランドのショーなどで活躍する若手モデルのタカハシララを撮影した。また本誌と連動した映像作品も公開されている。

その他、五感の中で最も野性的な感覚といわれる“嗅覚”に着目し、匂いと人との関係性や香りの楽しみ方などを資生堂香料開発グループの研究員が解説するコラムを始め、国内外から注目を集める若手写真家の水谷吉法によるジュエリーのフォトストーリー「Wild Jewelry, Wild Night」など、さまざまな視点から「WILD(野生、野性)」にフォーカスする。

また、人気の連載「サロン・ド・バー 花椿」では、ミュージシャンのCharaと木村カエラによる対談、「ESSENCE OF ELEGANCE」では、映画監督ソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)を特集。さらに、音楽家・蓮沼執太のインタビューや第22回中原中也賞を受賞した作家・野崎有以によるポエム、旬のファッションを紹介する「TOKYO STORY」など、読み応えのある充実した内容を掲載。別冊付録の「花椿文庫」には、登山家で作家の服部文祥による“都会でサバイブするヒント”が詰まった女性向けのアーバンサバイバル入門書『URBAN SURVIVAL BOOK For women』を収録している。

―高度な文明社会に生きる私たち。でもときおり、ネットワークにしばられる不自由さを感じたり、何者かにならなければならないことに不安になったり……。自分らしく生きることがよくわからなくなったときには、静かに、自分の中の野生の声に耳を傾けてみませんか。(本誌より抜粋)

【書籍情報】
『花椿』 夏号
仕様:A4変型/本誌60ページ
刊行:資生堂 企業文化部
刊行日:4月15日
無料
ウェブ版:http://hanatsubaki.shiseidogroup.jp/magazine/

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.