くらし情報『東京ミッドタウンで身近なデザインの今を知る展覧会「日本のグラフィックデザイン2018」が開催』

2018年6月7日 11:00

東京ミッドタウンで身近なデザインの今を知る展覧会「日本のグラフィックデザイン2018」が開催

六本木の東京ミッドタウン・デザインハブでは、第73回企画展となる「日本のグラフィックデザイン2018」を、6月20日から7月31日まで開催する。

東京ミッドタウンで身近なデザインの今を知る展覧会「日本のグラフィックデザイン2018」が開催

会員約3,000名を擁するアジア最大級のデザイン団体、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が、1981年より発行を続ける年鑑『Graphic Design in Japan』。本展は2018年版の発行を記念して、掲載作品の中から約300点を実物と映像で展示する。
東京ミッドタウンで身近なデザインの今を知る展覧会「日本のグラフィックデザイン2018」が開催
個展「中村至男展」の展示ポスター

主な展示作品は、第20回亀倉雄策賞を受賞した中村至男の作品、JAGDA賞2018受賞作品の数々。また、JAGDA新人賞2018を受賞した、花原正基、金井あき、福澤卓馬の作品も展示する。

会期中には、グラフィックデザイナー・アートディレクター等によるトークイベントも開催。詳細は決定次第、デザインハブ公式サイト(http://designhub.jp/)で確認できる。

身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、展覧会やショップの空間デザインに至るまで、世界でも評価の高い日本のグラフィックデザインの現在を知ることができる機会を、お見逃しなく。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.