くらし情報『六本木の青山ブックセンター跡地に入場料制&喫茶併設の本屋「文喫」オープン。嗜み方をレポート』

2018年12月11日 11:30

六本木の青山ブックセンター跡地に入場料制&喫茶併設の本屋「文喫」オープン。嗜み方をレポート

本を選ぶための時間と場所を提供する、喫茶室を併設した入場料制の全く新しい本屋「文喫(BUNKITSU)」が12月11日、東京・六本木の青山ブックセンター六本木店跡地にオープンした。

六本木の青山ブックセンター跡地に入場料制&喫茶併設の本屋「文喫」オープン。嗜み方をレポート

「文喫」は、本と出会うための本屋。本を買うことが日常ではなくなりつつあり、文化的な匂いのする場所で時間を費やすことが価値になってきている今。しかし、本と触れ合い、読み耽るひとときの豊かさは、変わっていない。ゆっくりと過ごすことができる空間作りや、本の見立て方に工夫を施すことで、本屋の体験価値を拡充する場所を作れないか。その思いから、“文化”を“喫する”という意味合いで名付けられた「文喫」が誕生したのだ。

取り扱い書籍は、人文科学や自然科学からデザイン・アートに至るまで約3万冊。入り口のレセプションで入場料金1,500円を支払えば、書斎のような閲覧室、ゆったりした小上がり席など思い思いの場所で好きな本を選んだり、小腹を満たすための喫茶室を利用することができる。オープン前日に行われたプレビューで、一足先に「文喫」の“嗜み方”を体験してきた。

文喫の嗜み方
1. エントランスのレセプションで入場料を払い、入場バッジを受け取る。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.