くらし情報『ごみ処理施設にホテル? 徳島県上勝町の世界的エコプロジェクトによる複合施設が2020年春に誕生』

2018年12月7日 14:00

ごみ処理施設にホテル? 徳島県上勝町の世界的エコプロジェクトによる複合施設が2020年春に誕生

ごみゼロを掲げる徳島県勝浦郡上勝町に、ごみステーション、ラーニングセンター、ホテル、ラボラトリー、体験案内所の複合施設「WHY(仮称)」が、2020年初春開業する。
ごみ処理施設にホテル? 徳島県上勝町の世界的エコプロジェクトによる複合施設が2020年春に誕生
施設イメージ
地域でごみゼロを掲げ、住民全員が本気で取り組む徳島県勝浦郡上勝町。上勝町では2003年に日本の自治体として初めて「ゼロ・ウェイスト宣言」を行なって以来、ごみステーションに自らまたは近所の人たちが協力してごみを運ぶ。ごみステーションでは再利用できるよう45項目に分けられたごみステーションに自らごみを分類。この想像を超える取り組みを上勝町の住民は16年も続けている。そして視察や観光客も多くなってきた現在、上勝町が新たな取り組みとして、ごみステーションの壮大なリニューアルを行うことが決定した。

ごみステーションは設置から20年が経過し、視察者も増加。この住民全体が取り組むゼロ・ウェイストに対する取り組みをもっと深く見せつつ、住民がごみを捨てやすい環境を作りたいという思いの元、ごみステーションに変わる新しい施設を開業する。同施設の愛称は「WHY(仮称)」。なぜここに?なぜごみを?という問いかけに答えを見つける場所となるような思いが込められている。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.