くらし情報『横浜駅直結、最新VRからハンドメイドまで“遊べる駅近ビル”が2019年春開業』

2019年1月11日 18:00

横浜駅直結、最新VRからハンドメイドまで“遊べる駅近ビル”が2019年春開業

最新VRからものづくりまで幅広い体験コンテンツを提供する複合型体験エンターテインメント施設「アソビル」が、横浜駅みなみ通路直通予定の横浜中央郵便局別館をリノベーションし、今年春に開業する。

横浜駅直結、最新VRからハンドメイドまで“遊べる駅近ビル”が2019年春開業

「遊べる駅近ビル」をコンセプトとし、既存のエンターテインメントを“カルチャー、クリエイティブ、テクノロジー”によってリデザインすることで、驚きや発見の「!(感嘆符)」を生み出す同施設。日本屈指のターミナル駅である横浜駅より直通となる横浜中央郵便局別館を活用し、遠くに行かなくても「わくわくドキドキする体験」ができる施設として、最新テクノロジー、ものづくり、キッズなどフロアごとに異なるテーマを設定し、1フロア600坪、全フロアで3,600坪のビルを丸々使って遊べる体験型コンテンツを提供する。

横浜駅直結、最新VRからハンドメイドまで“遊べる駅近ビル”が2019年春開業
3階「MONOTORY」
2階には、常設体験イベントフロア「ALE-BOX(エールボックス)」が登場。ここでしか体験できない最新のテクノロジーや、斬新なアイデアを活かした脱出ゲームや展示イベント、VR、スポーツコンテンツなどが展開される予定。コンテンツは定期的に入れ替わり、2019年初春の開業時には、面白法人カヤックとコラボレーションした体験型コンテンツを展開する。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.