くらし情報『チームラボの個展「永遠の海に浮かぶ無常の花」が金沢21世紀美術館で8月開催』

2019年4月1日 12:10

チームラボの個展「永遠の海に浮かぶ無常の花」が金沢21世紀美術館で8月開催

チームラボ(teamLab)が、石川の金沢21世紀美術館で、8月9日から9月1日の期間、「チームラボ 永遠の海に浮かぶ無常の花」を開催する。

チームラボの個展「永遠の海に浮かぶ無常の花」が金沢21世紀美術館で8月開催


本展の見どころは、一つの連続した波による「Black Waves: 埋もれ失いそして生まれる」と、来場者に影響を受けながら変容し続ける花の「永遠の今の中で連続する生と死、コントロールできないけれども、共に生きる」、2作品を組み合わせたインスタレーション。人々が他者と共に作品の一部となり溶け込んでいくことで、自分と他者との境界を連続的なものに変え、世界との境界のない新しい関係を模索する。

展示空間内で一筆書きのようにすべてが連続して繋がっている波のインスタレーションは、三次元上の水の動きをコンビューター上で平面化し映像にした作品。まるで作品世界に入り込むような、鑑賞者が波に憑依するかのような体験が味わえるだろう。

チームラボの個展「永遠の海に浮かぶ無常の花」が金沢21世紀美術館で8月開催
teamLab, Black Waves: Lost, Immersed and Reborn, 2019, Digital Installation, Continuous Loop, Sound: Hideaki Takahashi
© teamLab

「永遠の今の中で連続する生と死、コントロールできないけれども、共に生きる」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.