くらし情報『女の子を撮り続けるヴァレリー・フィリップスの『アリス・イン・ロンドンランド』【ShelfオススメBOOK】』

2019年6月29日 19:00

女の子を撮り続けるヴァレリー・フィリップスの『アリス・イン・ロンドンランド』【ShelfオススメBOOK】

各ブックストアがFASHION HEADLINE読者に向けて「今読むべき1冊」をコンシェルジュ。毎週土曜日は、洋書を専門に扱う原宿・外苑前のブックショップ「シェルフ(Shelf)」(東京都渋谷区神宮前3-7-4)が選ぶ書籍をご紹介。

女の子を撮り続けるヴァレリー・フィリップスの『アリス・イン・ロンドンランド』【ShelfオススメBOOK】


■『Alice in Londnland』Valerie Phillips

ヴァレリー・フィリップスにとって10作目の作品集『Alice in Londonland』は、モデルのアリスと作者によるロンドンでの旅の記録である。

よく目にするようないかにも楽しそうな観光客の様子を写したものや、過剰にドラマチックな演出を施されたモノクロの報道写真のような類のものとは一線を画し、リアルなロンドンでの出来事を生き生きと描き、作者の特徴とも言えるカラフルでぐちゃぐちゃで鮮やかな世界を作り出している。

女の子を撮り続けるヴァレリー・フィリップスの『アリス・イン・ロンドンランド』【ShelfオススメBOOK】


女の子を撮り続けるヴァレリー・フィリップスの『アリス・イン・ロンドンランド』【ShelfオススメBOOK】


アリスは我々を、あえて注目しないと見過ごしてしまいがちな場所、例えば路地裏やパブ、カフェやイギリスの伝統料理「パイ&マッシュ」のお店、クリスタル・パレス・パークの「ヴィクトリアン・ダイナソー」、ストリートやビルへと連れ出していく。ドラゴンや花、剥がれたペイント、動物の壁画やローマ風の壁、そんなものも目にするだろう。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.