くらし情報『資生堂が忙しい女性に向けたサブスクサービス「オプチューン」を始動。IoTを活用し、8万通りのスキンケアを提供』

2019年7月2日 11:40

資生堂が忙しい女性に向けたサブスクサービス「オプチューン」を始動。IoTを活用し、8万通りのスキンケアを提供

資生堂が、マシンとスマートフォンアプリを使用してスキンケアのパーソナライゼーションを実現するスキンケアサービスブランド「オプチューン(Optune)」を、同社初のサブスクリプションサービスとして、7月1日より展開を開始した。

資生堂が忙しい女性に向けたサブスクサービス「オプチューン」を始動。IoTを活用し、8万通りのスキンケアを提供

オプチューンは、一人ひとり、その日その時の肌環境に合わせて変わるパーソナライズスキンケア。近年、仕事と家庭の両立を目指す女性も増え、毎日のスキンケアになかなか手をかけられない人が増えている。肌は気候や空気中の微粒子などの外的要因、さらには睡眠状態やストレス・気分、生理周期などの内的要因などが複雑に関連して、日々刻々と変化するもの。こうした環境を踏まえ、同社が長年蓄積してきた肌データ、香り、使い心地など様々な研究知見を活用し、さらにIoT(Internet of Things)をベースとしたデジタルテクノロジーを掛け合わせることで、この新たなスキンケアブランド「オプチューン」が生まれた。
資生堂が忙しい女性に向けたサブスクサービス「オプチューン」を始動。IoTを活用し、8万通りのスキンケアを提供
資生堂初の月額制のサブスクリプションサービスで提供され、申込み時の肌情報からその時の肌に合わせて5本のスキンケアカートリッジ「オプチューン ショット(Optune Shot)」が選ばれて専用IoTマシンと一緒に自宅に届く。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.