くらし情報『閉幕を迎えるあいちトリエンナーレ。印象に残った作品について【EDITOR'S BLOG】』

2019年10月13日 15:35

閉幕を迎えるあいちトリエンナーレ。印象に残った作品について【EDITOR'S BLOG】

今年で4回目の開催となった国内最大規模の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」も、この土・日でついに閉幕。8月1日に開幕し、75日間に渡り「情の時代」をキーワードにしたさまざな作品の展示やパフォーミングなどが、4つの会場にて行われてきました。一度は一部の作品の展示内容が変更・中止に至る事態が発生したものの、閉幕直前で全面再開。最後の最後まで目が離せない、今年話題を呼んだイベントの一つです。

初見のアーティストが多い私ですが、実際に足を運んでみて、純粋に印象に残った作品や取り組みについて紹介したいと思います。

愛知芸術文化センター
今村洋平
tsurugi No.1
peak ___________________
閉幕を迎えるあいちトリエンナーレ。印象に残った作品について【EDITOR'S BLOG】
今村洋平《tsurugi No.1》 2016年
閉幕を迎えるあいちトリエンナーレ。印象に残った作品について【EDITOR'S BLOG】
今村洋平《peak 3601》2019年
2点の立体作品とその制作過程の記録によって構成された今村洋平さんの作品。この立体作品が、印刷技法のシルクスクリーンによって制作されたことに驚きました。《tsurugi》は、作家自身が登山した剣岳をモチーフに、山岳の地図の等高線に沿ってインクを重ねた作品。一方、《peak 3601》は、色彩の積層によって形成された作品で、タイトルの数字は刷った回数を表しています。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.