くらし情報『週末喫茶部、日比谷「紅鹿舎」へ。冬夜のホットチョコレート【EDITOR'S BLOG】』

2019年12月6日 12:00

週末喫茶部、日比谷「紅鹿舎」へ。冬夜のホットチョコレート【EDITOR'S BLOG】

週末喫茶部、日比谷「紅鹿舎」へ。冬夜のホットチョコレート【EDITOR'S BLOG】

11月の金曜日、21時ごろ。今回は、東京・日比谷駅から徒歩3分の珈琲館「紅鹿舎(べにじか)」へ。ピザトースト元祖の店として、よく知られるお店ですが、実はチョコレートドリンクのメニューが豊富な喫茶でもあるのです。

週末喫茶部、日比谷「紅鹿舎」へ。冬夜のホットチョコレート【EDITOR'S BLOG】

日々、タフでエネルギッシュな人だって、時には、疲れたなあ……って思う時もあるし、終電まで一人で物想いに耽りたい夜だってある。そんな日の夜に、ふらっと立ち寄ってみて。

週末喫茶部、日比谷「紅鹿舎」へ。冬夜のホットチョコレート【EDITOR'S BLOG】

ひとり時間は、自分自身をより豊かにしてくれるし、大切な人たちが、どれほど掛け替えのない存在かということに気づくひとときでもあると思うから。みんなでワイワイ、恋人とまったりも最高だけど、時には一人喫茶もしてみよう。

週末喫茶部、日比谷「紅鹿舎」へ。冬夜のホットチョコレート【EDITOR'S BLOG】

いつも基本はコーヒーだけど、冬の夜はホットチョコレートも嗜みたい。この夜、紅鹿舎にて週末喫茶部的・理想的なホットチョコレートに出会いました。

週末喫茶部、日比谷「紅鹿舎」へ。冬夜のホットチョコレート【EDITOR'S BLOG】
ホットチョコレート(950円)
こちらがその、理想的なホットチョコレート。口当たりはやさしくてクリーミー。ホイップたっぷりで、もちろんチョコレートの風味が浅いなんてこともなくて、こっくりとしたまろやかな甘さの一杯。さらに特筆するならば、くどさは全くなくて、喉がきゅっとなるような甘すぎる感じもない。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.