くらし情報『注目のニューカマーが新宿伊勢丹に登場、4ブランドの哲学に触れられる「TOKYO解放区 ”知る”」開催』

2020年2月20日 14:00

注目のニューカマーが新宿伊勢丹に登場、4ブランドの哲学に触れられる「TOKYO解放区 ”知る”」開催

伊勢丹新宿店では、新進気鋭のクリエーターの哲学に触れられる「TOKYO解放区 “知る”」を、2月26日から3月10日まで、本館2階=TOKYOクローゼット/リ・スタイルTOKYOにて開催。注目の4ブランドが集まる。

注目のニューカマーが新宿伊勢丹に登場、4ブランドの哲学に触れられる「TOKYO解放区 ”知る”」開催

「TOKYO解放区 “知る”」は、ニューカマーのクリエーターのインキュベーション企画。作り手の哲学やクリエーションの背景を知ることで、商品のその先にある思いを感じながら服を選ぶことをテーマに、これからのTOKYOのファッションシーンを飾る4ブランド、コール(koll)、ルリ(RURI.W)、スリュー(SREU)、ベルパー(BELPER)を紹介する。

メインビジュアルは、マヤ ヌマタ グラフィック(Maya Numata Graphic)による作品。会期中は、マヤ ヌマタ グラフィックのアートワークの他、一つ一つに物語のタイトルのような名前の付いたアクセサリーや花瓶なども販売する。

注目のニューカマーが新宿伊勢丹に登場、4ブランドの哲学に触れられる「TOKYO解放区 ”知る”」開催
コール
トップス(5万円)、パンツ(6万円)

女性デザイナー楠原麻由によるコールは、母のクローゼットの中に残っている服から着想を得たコレクションを展開する、ブルーの色使いが印象的なウィメンズブランド。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.