くらし情報『西陣の若旦那のおもたせは「丸久小山園」の抹茶菓子【京都粋人の手土産】』

2013年7月26日 11:00

西陣の若旦那のおもたせは「丸久小山園」の抹茶菓子【京都粋人の手土産】

「服部織物」の常務取締役・服部一正さん

「服部織物」の常務取締役・服部一正さん

京都の粋人たちが選ぶ、小粋な手土産のシリーズ連載。第8回目は創業200年を越す西陣の帯屋若主人がオススメする、300年を超す宇治茶の老舗のお茶とお菓子の詰め合わせ。

京都・西陣の「服部織物」の常務取締役・服部一正さんは着物のデザインやプロデュースも数多く手がけ、小山薫堂氏が会長を務める「男子着物を羽織る会」の顧問も務めている。何世代に渡るご贔屓さんも多く、おもたせには「丸久小山園」の詰め合わせを贈ることが多いとか。

「お茶を飲み慣れていらっしゃる年配の方には玉露や抹茶を贈りますが、若い世代の方にはティーバッグや抹茶菓子のセットを選びます」と服部さん。

丸久小山園は元禄年間創業、300年以上に渡り、京都・宇治で高品質な茶葉を製造する茶舗。伝統的な製法で作られる茶葉のみならず、冷水のみで作れる炭酸入りグリーンティーや水出し煎茶など、手軽にお茶を楽しめる商品もそろい、茶房を備えた西洞院店では、抹茶ロールケーキや抹茶アイスクリームなど、抹茶を使ったスイーツにも力を入れている。

おもたせに人気は抹茶クリームをサクサクのロール状生地に詰めた抹茶クリームロールやホワイトクリームを抹茶入りクッキーでサンドした抹茶サクレット。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.