くらし情報『深澤直人とミナペルホネンの皆川明が語る「ふしとカケラ」の魅力』

2013年9月6日 21:00

深澤直人とミナペルホネンの皆川明が語る「ふしとカケラ」の魅力

左より、マルニ木工の椅子「HIROSHIMA」をデザインしたプロダクトデザイナー深澤直人氏と「ミナペルホネン」のファッションデザイナ-皆川明氏

左より、マルニ木工の椅子「HIROSHIMA」をデザインしたプロダクトデザイナー深澤直人氏と「ミナペルホネン」のファッションデザイナ-皆川明氏

9月2日、家具メーカーのマルニ木工が、同社東京ショールームで、プロダクトデザイナーの深澤直人と、「ミナペルホネン(mina perhonen)」デザイナ-の皆川明による初のコラボレーションプロジェクト「ふしとカケラ・マルニコレクション・ヒロシマ・ウィズ・ミナペルホネン(MARUNI COLLECTION HIROSHIMA with mina perhonen)」の発表会を開催。深澤、皆川両氏登壇により、トークセッションが行われた。

同プロジェクトは、今秋開催の「三越伊勢丹デザインウィーク(ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK 2013)」のメインコンテンツ。深澤デザインのイス「HIROSHIMA(ヒロシマ)」などマルニ木工のイスにミナペルホネンの"カケラ"(残布)のパッチワークを組み合わせた商品や、端材を使ったテーブルなどのオリジナル家具が期間限定で発売される。

皆川氏は、「2011年に西麻布のギャラリーで初めて"HIROSHIMA"を見て、その横姿の美しさに感動した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.