くらし情報『完成から11年の歳月を経て遂に日本公開! 映画「アウェイデイズ」が今秋劇場公開決定』

2020年7月28日 20:00

完成から11年の歳月を経て遂に日本公開! 映画「アウェイデイズ」が今秋劇場公開決定

終わりなんだろ? 俺たちはもうー。1979年、ポストパンク時代のマージーサイド。若者達の苛立ちは極限まで研ぎ澄まされ、剥き出しとなった感情は、仲間を求め、傷つけたー。

メインビジュアル

2009 年本国公開 のイギリス映画で1979 年のマージ-サイドを舞台に破滅的な若者たちと 、 日本ではほとんど紹介されることの無かった英国フットボール発祥の文化“ Football Casual ”<カジュアルズ>の黎明期を描いた映画『アウェイデイズ』が完成から11年の歳月を経て遂に 2020年10月16日より新宿シネマカリテ ほかにて日本初公開される事が決定した。

英国ユース・カルチャーを描いた青春映画の足りなかったピースが遂に埋まる。

1979年、イングランド北西部マージーサイド州バーケンヘッド。カーティとエルヴィスは《Echo & TheBunnymen》のギグで運命的な出会いを果たす。そして2人の間には誰にも邪魔することの出来ない友情が芽生える。しかし、それは互いに惹きつけ合いながらもどこか不安定で、いつ壊れてもおかしくないコントロール不能なものだったー。

圧倒的な暴力とセクシャル、そしてロックンロールに満ち溢れ、現代人にとってはどこか滑稽にも映ってしまう映画『アウェイデイズ』の世界は、ケヴィン・サンプソンが1998年に上梓した同名小説を基に、ポストパンク時代の研ぎ澄まされていたエナジーを記録した真実の物語である。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.