くらし情報『ソ連時代の北極圏探索を成功させた時計が現在に蘇る。ロシア時計ブランド「シュトゥルマンスキー」』

2020年10月30日 21:00

ソ連時代の北極圏探索を成功させた時計が現在に蘇る。ロシア時計ブランド「シュトゥルマンスキー」

モスクワ第一時計工場の流れを汲み、 ソ連邦の士官が使うための腕時計を開発。人類史上初の宇宙へ行った腕時計「STURMANSKIE(シュトゥルマンスキー)」。昼夜が分かる24時間表示機能と通常の時計機能をミックスさせたARCTIC2432モデル。高い視認性とクラシカルなデザイン性を兼ね備えたモデル。

ARCTIC2432モデル

ソ連時代の北極圏探索を成功させた時計が現在に蘇る。ロシア時計ブランド「シュトゥルマンスキー」

1957年、ソビエト連邦でも北極圏探索が開始され、北極圏の永遠の氷に足を踏み入れました。手首には、モスクワ第一時計工場で製造れた時計が巻かれていました。北極圏での昼夜は、太陽の位置を見て昼夜を判断する必要があったため、超低温に耐えうる24時間モデルでした。

北極探索に使われたオリジナルモデル
北極探索に使われたオリジナルモデル
北極探索に使われたオリジナルモデル
北極探索に使われたオリジナルモデル
特徴

ソ連時代の北極圏探索を成功させた時計が現在に蘇る。ロシア時計ブランド「シュトゥルマンスキー」

ソ連時代の北極圏探索を成功させた時計が現在に蘇る。ロシア時計ブランド「シュトゥルマンスキー」

視認性の高い文字盤、耐久性の高いスチールケース、安定性の高い大き目のフェイス、信頼性の高いロシアムーブメント2432を搭載したナビゲーターARCTIC。ARCTICモデルでは、通常の表示に加え、北極圏で特に重要な24時間表示が搭載されています。太陽が無い条件下では、中央の北極の地図が描かれたディスクが回転し、昼夜を表示してくれます。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.